名古屋ガイドマップ

名古屋観光おすすめスポットなら名古屋ガイドマップ

ヤマザキマザック美術館


絵画、ガラス工芸、家具…18世紀から20世紀にかけてのフランスの美術を一望
ヤマザキマザック美術館は、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンといったフランスのオールドマスターをはじめとするロココの時代から、
新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印象派、そしてエコール・ド・パリ等、
18世紀から20世紀に至るフランス美術300年の流れが一望できるコレクションで構成されています。
さらには19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの代表的な作家であるガレをはじめとする、
様々な作家達のガラス工芸品、家具も展示しています。
内観 4F展示室



フランソワ・ブーシェ《アウロラとケファロス》
フランソワ・ブーシェ《アウロラとケファロス》1745年頃 ヤマザキマザック美術館蔵
5F展示室には、ロココからエコール・ド・パリまでの
珠玉の作品群をおおよそ時代順に部屋ごとに展示、
フランス美術史を一望していただけます。

4Fではアール・ヌーヴォー、アール・デコのガラス工芸作品及び家具を
展示しています。
フランス北東部の都市ナンシーから始まったアール・ヌーヴォーは、
日本美術の影響を色濃く宿すもので、ヨーロッパが近代から現代へと
舵を切る大きなきっかけを作ったとも言われています。

これらの作品をご覧いただくことにより、古き時代、遠いフランスの芸術が、
今を生きる私たちの意識の中に流れ込んで来ることになり、
作品や歴史を自らに引き寄せて考えるきっかけを作り出します。



それぞれの時代を彷彿させる優美な内装の展示室では、
ゆっくりと作品と向き合っていただけます。

作品を心行くまで楽しんでいただくため、絵画作品は、
あえて額装からガラス板、アクリル板をはずし、
お客様には、筆跡や色彩など、直接、作者と同じ視線でご鑑賞いただけます。

当時にタイムスリップしたような感覚を味わいつつ、
至福の空間をお楽しみいただけます。
ポール・アレクサンドル・デュマ《食堂用家具》
ポール・アレクサンドル・デュマ《食堂用家具》1902年頃 ヤマザキマザック美術館蔵



施設概要
名称 ヤマザキマザック美術館
所在地 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1-19-30
TEL:052-937-3737
アクセス ◆名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結
入館料(常設展)
一般 1,000円
小・中・高生 500円
 ※小学生未満は無料となります。
 ※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者は800円となります。
 ※音声ガイドの無料サービスがございます(小学生高学年以上推奨)。
 ※本館はバリアフリー構造となっており、車いすやベビーカーでの移動が可能です。
 ※特別展の観覧料については、各展毎に異なります。HPにてご確認下さい。
開館時間
平日 10:00〜17:30
土日祝 10:00〜17:00
 ※最終入館は閉館30分前となります。
休館日 月曜日(祝日・休日と重なる場合は次の平日になります)
年末年始、展示替え期間
公式HP http://www.mazak-art.com/index.shtml (外部サイトへリンク)
ヤマザキマザック美術館 周辺のホテルから探すツアー
ホテルルートイン名古屋栄
ホテルルートイン名古屋栄

【首都圏発】【静岡発】【関西発】
特集"遊ぶ"一覧
 

掲載日:2018/10/26



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。