名古屋ガイドマップ

名古屋観光おすすめスポットなら名古屋ガイドマップ

横山美術館


貴重な「輸出陶磁器」の傑出した美しさと超絶技巧

名古屋はかつて、海外へと輸出される陶磁器生産の一大拠点でした。特に現在の名古屋市東区には、瀬戸や美濃といった産地に近いという好立地から、多くの上絵付け工場や輸出業者が立ち並んでいました。上絵付業が発展するなかで、名古屋絵付と呼ばれる豪華で華やかな作風が生まれ、海外でも人気を博しました。
公益財団法人横山美術館は、明治・大正時代に制作された輸出陶磁器を、里帰り品を中心に展示しています。名古屋周辺で制作された輸出陶磁器のほか、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケ、まとまった作品群を目にする機会が少ない隅田焼など、息をのむほど緻密で大胆な作品の数々を、ぜひご覧ください。
横山美術館外観
横山美術館展示室内


常設のご案内・・・

・器面に造形物を貼り付ける高浮彫の技法と、江戸の文化を想わせる生き生きとしたモチーフで装飾された「隅田焼」

・宮川香山(初代)が自身の出身地にちなんで命名・大成させ、海外で大いに人気を博した高浮彫などの「眞葛焼」

・もの造りのルーツともいえる明治、大正期の素晴らしい職人の技術の粋がこめられ、名古屋から欧米を中心とする世界に輸出された「オールドノリタケ」

・器面に泥漿を盛り上げたところへガラス製ビーズを貼り付けて焼き上げる、キラキラとした輝きを放つ技法の「コラレン」

・絵付けをした上からガラス分を含んだ粉を散布し、石目のようなざらざらした釉薬が海外で人気を集めた「石目焼」

・愛知県尾張地方で発展し、緻密で芸術性の高さがパリ万博にて評価された近代の「七宝焼」

・写実的で瑞々しく繊細な作風の染付作品が高く評価され、東京や横浜などへ上絵付用の素地も提供した「瀬戸焼」

・沼波弄山が開窯し一旦途絶えたものの、森有節らによって再興され、四日市へ伝わると販路が海外まで拡張された「萬古焼」

・17世紀初頭に日本で初めて磁器生産を始め、明治時代に西洋の技術を取り入れながら生産した、色鮮やかで豪華絢爛な「有田焼」

日本で制作されたものの、日本では目にする機会の少ない、貴重な里帰り作品の数々をご覧いただけます。

原娪山「高浮彫龍大花瓶」
隅田焼
原娪山「高浮彫龍大花瓶」
明治時代前期~中期
宮川香山「染付黄釉鳳凰図花瓶」
眞葛焼
宮川香山「染付黄釉鳳凰図花瓶」
明治時代後期~大正時代前期
「金盛薔薇図大花瓶」
オールドノリタケ
「金盛薔薇図大花瓶」
明治24~44年頃
川本桝吉「染付花鳥図大花瓶」
瀬戸焼
川本桝吉「染付花鳥図大花瓶」
明治時代前期~中期
深川栄左衛門(八代)「上絵金彩武者図大花瓶」
有田焼
深川栄左衛門(八代)
「上絵金彩武者図大花瓶」
明治時代前期


※期間によって展示されていない作品もございます。


施設概要
名称 横山美術館
所在地 〒461-0004 名古屋市東区葵一丁目1番21号
TEL: 052-931-0006
アクセス ◆名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅 1番出口より徒歩4分
◆名古屋市営地下鉄桜通線「高岳」駅 3番出口より徒歩4分
開館時間 10:00 ~ 17:00 (最終入館時間 は16:30となります)
休館日 毎週月曜日(祝・休日の場合開館、翌平日休館)
年末年始、令和元年8月13日(火)、8月14日(水)、8月15日(木)
入館料
  企画展開催時 常設展のみ開催時
一般 1,000円 700円
高校生・大学生・65歳以上 800円 500円
中学生 600円 400円
障がい者手帳をお持ちの方 700円 500円

 ※小学生以下は無料です。
公式HP https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/ (外部サイトへリンク)

掲載日:2019/07/26



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。
※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。


横山美術館 周辺のホテルから探すツアー
特集"遊ぶ"一覧