お申し込みはこちら
行程・スポット
しずおかお茶づくし号
玉露の里
玉露の里

日本庭園内の茶畑で、玉露のお茶摘みを体験。茶室「瓢月亭(ひょうげつてい)」では、庭園や池を眺めながら玉露の呈茶体験ができます。

お茶摘み体験は小雨決行となります。荒天時はお茶一煎パックのお土産のお渡しとなります。

昼食 朝ラー イメージ
1日目昼食

茶商の朝飯 藤枝の食文化「朝ラー」

お茶の生産地・藤枝では、早朝からお茶の取引などで働く人々が朝食代わりにラーメンを食べていました。それが「朝ラー」文化のはじまり。胃にもたれにくいさっぱりとした「朝ラー」は、温かいラーメンと冷たいラーメンがあるので、食べ比べてみてください。

まるとう農園 お茶詰め放題イメージ
まるとう農園

新茶シーズンならではの体験を全身で体感!

お茶摘み体験 工場見学 お茶の詰め放題 
お茶の試飲 新芽の天ぷら試食

お茶摘み体験は雨天の場合、「お茶アイス」付に変更となります。

掛川城ライトアップイメージ
月夜の御殿茶会

月明かりの下、ライトアップされた掛川城天守閣を臨みながら、国指定重要文化財の掛川城御殿で、掛川の抹茶席と新茶席を楽しみます。

月は天候によりご覧いただけない場合がございます。

徳川家康公をもてなしたと伝わる「掛川茶」

穏やかな気候と適度な雨量の掛川市は、全国屈指のお茶どころ。慶長5年(1600)、掛川城主の山内一豊が小夜(さよ)の中山峠の久延寺(きゅうえんじ)で徳川家康公をお茶でもてなしたという逸話が残るなど、古くから茶文化が浸透しています。現在の掛川茶は普通の煎茶よりも蒸し時間が2~3倍長い「深蒸し」製法が主流。鮮やかな緑色で、渋味・苦味がとれて甘味とうま味が際立ち、香りはまろやかになります。

行程のご案内
行程のご案内
旅行代金
旅行代金
旅行代金
お申し込みはこちら

静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)とは!

しずおか元気旅
静岡DCを楽しもう!(詳しくはこちら)