東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

第38回 足立の花火


本格的に夏が到来!東京で一番早い花火大会を楽しもう!

今年の夏、東京で一番最初に開催される花火大会。それは足立区の荒川河川敷で行われる「足立の花火」です。
その歴史は古く、明治の時代に千住大橋の落成を祝い、花火を打ち上げたのが始まりと伝えられ、
幾度もの中断がありながらも多くの人々の開催を望む声に支えられ、約100年もの間、続いています。
「足立の花火」では、一時間の間に約13,500発もの様々な花火が打ち上げられるプログラムとなっており、
凝縮された光の芸術とそのスピード感に圧倒されることでしょう。
大会のテーマは「夏の花火は足立から…」。
東京の夏の始まりを、楽しんでみませんか。

足立の花火 足立の花火

*画像は昨年の開催風景より

開催概要
開催日程 2016年7月23日(土) ※荒天の場合は中止となります。
19:30 〜 20:30
会場 荒川河川敷 (東京都足立区:東京メトロ千代田線鉄橋 〜 西新井橋間)
   打上場所は千住側(堤南)
※西新井(堤北)側の河川敷は観覧エリアも広いため、千住側よりもゆったりと花火を観賞することができます。
事故防止のため、西新井橋〜千住新橋間ではプレジャーボートでの観覧を禁止します。
アクセス ◆「北千住」駅 …東京メトロ 千代田線/日比谷線、東武スカイツリーライン、JR常磐線、つくばエクスプレス
◆「小菅」「五反野」「梅島」各駅 …東武スカイツリーライン
◆「足立小台」駅 …日暮里・舎人ライナー
有料席 千住側土手の斜面に設置(詳細は下記へお問合せ下さい)
花火の種類 打上花火、スタ−マイン、小型煙火、仕掛花火 (足立名物のナイアガラなど) を予定
打上げ玉数 約13,500発
お問合せ お問合せコールあだち
03-3880-0039(受付時間:8:00〜20:00)

荒川河川敷 周辺のホテルから探すツアー
特集"観る"一覧

掲載日:2016/06/27



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。