東京ガイドマップ

東京観光おすすめスポットなら東京ガイドマップ

ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-


優美で柔らかな美しさ。ルネ・ラリックの世界をお楽しみください



その洗練された造形から、日本でも多くのファンをもつジュエリー作家・ガラス工芸家のルネ・ラリック(1860-1945)を紹介します。本展では、様々な事業を展開しているユニマットグループが所蔵するラリック・コレクションより、19世紀末から20世紀初頭の貴重なジュエリーをはじめ、晩年までのガラス作品を展観します。

ラリックは当初、アール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして活躍しました。彼の生み出したジュエリーは大変な人気を集め、とりわけ1900年のパリ万国博覧会で大きく注目されました。20世紀に入り、香水瓶のデザインと製造を足掛かりに、ガラス工芸家としての道を歩みはじめます。現在も続く、ラリック社の設立もこの頃のことです。

1925年のパリで開催された現代装飾美術産業美術国際博覧会では、自社パヴィリオンを出展し、まさにアール・デコを牽引する存在として世界中にその名を轟かせました。日本との関係も深く、1932年に旧皇族の朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)のガラス製レリーフ扉やシャンデリアなどを手掛けています。

宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォーとアール・デコという2つの様式を生み出したラリックの優雅な作品世界をお楽しみください。
勝利の女神
カーマスコット《勝利の女神》1928年 透明ガラス、プレス成形、サチネ



アンブル・アンティーク
香水瓶《アンブル・アンティーク》コティ社 1910年
透明ガラス、型吹き成形、栓はプレス成形、サチネ、パチネ
火の鳥
テーブル・センターピース《火の鳥》1922年
透明ガラス、プレス成形、サチネ/蝶の文様を施したブロンズ製照明台付


花
ネックレス《花》1900-05年頃
金、ガラス、バロック真珠
女性像とチュベローズの花
ペンダント/ブローチ《女性像とチュベローズの花》
1899-1900年頃 金、エナメル、省胎七宝、象牙、バロック真珠
棘
花瓶《棘》1913年
透明ガラス、プレス成形、ブルー・パチネ


開催概要

名称 ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ -ユニマットコレクション-
会期 2019年2月24日(日)~4月21日(日)
会場 練馬区立美術館
 東京都練馬区貫井1-36-16
◆「中村橋」駅…西武池袋線 徒歩3分…「池袋」駅より6駅め(約16分)
西武池袋線(東京メトロ有楽町線・副都心線直通/都営大江戸線「練馬」駅乗り換え 「石神井公園」方面へ1駅)
 ※副都心線は東武東上線へも直通運転しています。乗車する電車の行き先にご注意ください。
「池袋」駅から 16分(西武池袋線各停利用)
「新宿」駅から 30分(JR山手線利用、池袋駅で西武池袋線乗換)
「渋谷」駅から 約30分(東京メトロ副都心線直通急行利用)
「有楽町」駅から 約40分(東京メトロ有楽町線直通各停利用)
「六本木」駅から 約40分(都営大江戸線利用、練馬駅で西武池袋線乗換え)
開館時間 10:00 ~ 18:00 ※入館は17:30までとなります。
観覧料
一般   800円
高校・大学生 600円
65~74歳 600円
 ※中学生以下および75歳以上の方は無料です。

ぐるっとパスご利用の方 300円
 ※年齢などによる割引の適用外になります。

障害をお持ちの方
一般   400円
高校・大学生 300円
 ※チケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)。
 ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご観覧いただけます。
お問合せ 03-3577-1821
休館日 月曜日
公式URL https://www.neribun.or.jp/museum.html(外部サイトへリンク)
練馬区立美術館 周辺のホテルから探すツアー
ホテルグランドシティ
ホテルグランドシティ

【静岡発】 【中部発】 【関西発】
特集"観る"一覧

掲載日:2019/02/25



※記載されている情報は全て取材時点のものです。

※各施設・イベント・料金等の情報は変更する可能性がありますので、ご了承下さい。

※掲載した情報、画像の無断転載を禁止します。

※本サイトに掲載の画像は全てイメージです。