二十四節気を旅する 小満

二十四節気を旅する 小満

夏に向けて日が強まるころ、まるで太陽の光の強さと呼応するかのように、地上に生息するあらゆる生命が満ち溢れてくる時期が「小満」と言われます。
江戸より愛される鰹やみずみずしい青もみじ、自然が創り出す圧倒的な景色。自然の生命力がみなぎるこの季節。
わたしたちもつられるようにこころが満ちる旅ができそうです。

小満 イメージ

小満 イメージ

このページをシェアする

  • twitter
  • facebook

※観光施設などの営業状況、およびイベントなどの開催状況については、お客様自身で事前にお問い合わせをお願いします。

江戸っ子垂涎旬の味。静岡×鰹

カツオのたたき イメージカツオのたたき イメージ

初夏の風物詩でなにを思い浮かべるでしょうか。青もみじや花菖蒲・紫陽花、アスパラガスなどの野菜や果物など夏にむけた様々なものが挙げられますが、江戸より歌にも詠まれ、今なお日本の食文化には欠かせない「初鰹」もこの時期の旬な食べ物です。

焼津港(5月頃) イメージ焼津港(5月頃) イメージ

実はカツオの漁獲量(遠洋の一本釣りも含む)日本一は静岡県なことをご存知でしょうか。なかでも焼津港は江戸時代からカツオ漁が盛んで、「かつお(冷凍)」の上場水揚げ量日本一の漁港として知られています(令和元年※)。
カツオは年に2回、旬を迎え、獲れる時期によって呼び名が変わります。春から初夏にかけて獲れる「初鰹」は、餌をもとめて南から北上する途中のため、脂が少なく身が締まり、さっぱりとした味が特徴です。そして秋に獲れる「戻り鰹」は、北の海でたくさんの餌を食べて南下するときに獲れるため、丸々と太って脂が乗り、とろけるような味わいと甘みがあります。

水揚げされたカツオ イメージ水揚げされたカツオ イメージ

江戸時代に「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と詠まれるほど、粋な食べ物として江戸っ子に愛されてきた、まさに日本のソウルフードというべき"旬の味”であるカツオ。静岡県内では初鰹の時期に合わせて様々なイベントが開催され、定番である「カツオの刺身」はもちろん、趣向を凝らした和・洋・中のオリジナル鰹料理が堪能できます。

※出典:漁業・養殖業生産統計年報
カツオのたたき イメージカツオのたたき イメージ 焼津港(5月頃) イメージ焼津港(5月頃) イメージ 水揚げされたカツオ イメージ水揚げされたカツオ イメージ

初夏の風物詩でなにを思い浮かべるでしょうか。青もみじや花菖蒲・紫陽花、アスパラガスなどの野菜や果物など夏にむけた様々なものが挙げられますが、江戸より歌にも詠まれ、今なお日本の食文化には欠かせない「初鰹」もこの時期の旬な食べ物です。
実はカツオの漁獲量(遠洋の一本釣りも含む)日本一は静岡県なことをご存知でしょうか。なかでも焼津港は江戸時代からカツオ漁が盛んで、「かつお(冷凍)」の上場水揚げ量日本一の漁港として知られています(令和元年※)。
カツオは年に2回、旬を迎え、獲れる時期によって呼び名が変わります。春から初夏にかけて獲れる「初鰹」は、餌をもとめて南から北上する途中のため、脂が少なく身が締まり、さっぱりとした味が特徴です。そして秋に獲れる「戻り鰹」は、北の海でたくさんの餌を食べて南下するときに獲れるため、丸々と太って脂が乗り、とろけるような味わいと甘みがあります。
江戸時代に「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と詠まれるほど、粋な食べ物として江戸っ子に愛されてきた、まさに日本のソウルフードというべき"旬の味”であるカツオ。静岡県内では初鰹の時期に合わせて様々なイベントが開催され、定番である「カツオの刺身」はもちろん、趣向を凝らした和・洋・中のオリジナル鰹料理が堪能できます。

※出典:漁業・養殖業生産統計年報

まばゆい緑の輝き。京都×青もみじ

将軍塚青龍殿からの眺め(5月頃)イメージ将軍塚青龍殿からの眺め(5月頃)イメージ

春の桜、秋の紅葉とそれぞれの季節の色で街中が彩られる京都ですが、初夏に表れる緑の若い楓、「青もみじ」も見逃せません。我々を包み込むような、瑞々しく青く光る京都の青もみじは、春や秋にも負けない情緒漂う美しさがあります。

長楽寺(5月頃) イメージ長楽寺(5月頃) イメージ

まずはじめにご紹介したいのが長楽寺。「平家物語」ゆかりの寺院として知られ、室町時代の絵師、相阿弥が作庭した庭園、池泉回遊式庭園が見所です。実は紅葉の美しさで長楽寺は知られておりますが、この季節も趣深く、境内が青々とした緑に包まれた姿を見ることができます。続いて訪れたいのが長楽寺の北東に位置する南禅寺。国宝の方丈庭園や、勅使門と言った重要文化財が豊富にあり、夏場は涼やかな涼スポットとして知られています。石川五右衛門の歌舞伎舞台として知られる「三門」の上層の楼「五鳳楼」には絶景が広がり、一面に広がる青もみじや心地よい風で癒されます。そして東山の山頂には将軍塚青龍殿があります。桓武天皇が平安京の遷都の際築かせたのが将軍塚。大正天皇の即位を記念して、北野天満宮前に建立された木造大建造物を移築再建したものが青龍殿と呼ばれます。新しく建築された大舞台は京都の自然と街並みを一望できる絶景スポットです。

南禅寺水路閣(5月頃) イメージ南禅寺水路閣(5月頃) イメージ

長楽寺から将軍塚青龍殿までは山道でつながっていますので、生命の息吹を感じながら、散策してみるのもよし、涼やかな風を感じながら東山エリアをレンタルサイクルやシェアサイクルで周遊してみるのも新しい楽しみ方のひとつかもしれません。

春の桜、秋の紅葉とそれぞれの季節の色で街中が彩られる京都ですが、初夏に表れる緑の若い楓、「青もみじ」も見逃せません。我々を包み込むような、瑞々しく青く光る京都の青もみじは、春や秋にも負けない情緒漂う美しさがあります。
まずはじめにご紹介したいのが長楽寺。「平家物語」ゆかりの寺院として知られ、室町時代の絵師、相阿弥が作庭した庭園、池泉回遊式庭園が見所です。実は紅葉の美しさで長楽寺は知られておりますが、この季節も趣深く、境内が青々とした緑に包まれた姿を見ることができます。続いて訪れたいのが長楽寺の北東に位置する南禅寺。国宝の方丈庭園や、勅使門と言った重要文化財が豊富にあり、夏場は涼やかな涼スポットとして知られています。石川五右衛門の歌舞伎舞台として知られる「三門」の上層の楼「五鳳楼」には絶景が広がり、一面に広がる青もみじや心地よい風で癒されます。そして東山の山頂には将軍塚青龍殿があります。桓武天皇が平安京の遷都の際築かせたのが将軍塚。大正天皇の即位を記念して、北野天満宮前に建立された木造大建造物を移築再建したものが青龍殿と呼ばれます。新しく建築された大舞台は京都の自然と街並みを一望できる絶景スポットです。
長楽寺から将軍塚青龍殿までは山道でつながっていますので、生命の息吹を感じながら、散策してみるのもよし、涼やかな風を感じながら東山エリアをレンタルサイクルやシェアサイクルで周遊してみるのも新しい楽しみ方のひとつかもしれません。

将軍塚青龍殿からの眺め(5月頃)イメージ将軍塚青龍殿からの眺め(5月頃)イメージ 南禅寺水路閣(5月頃) イメージ南禅寺水路閣(5月頃) イメージ 長楽寺(5月頃) イメージ長楽寺(5月頃) イメージ

潮風香る絶景パノラマ。三重×自然

横山展望台(5月頃)イメージ横山展望台(5月頃)イメージ 写真提供:志摩市観光協会

新鮮な空気、壮大な景色、移ろう自然。街中の喧騒から離れて、自然の雄大さを全身で受け止めながら、ゆっくりとした時間を過ごせる場所が、三重県志摩市にある英虞湾(あごわん)。日本有数の美しいリアス海岸を誇るこの英虞湾は、幾重にも連なる半島と大小60の島が浮かび、その絶景はまるで自分が自然と一体化したような気持ちにさせられます。比較的人の少ない早朝の英虞湾が特におすすめです。朝焼けに染まる海の上を行き交う漁船が、影絵のような世界を創り出し、幻想的な光景に言葉を失います。そんな美しい風景を一望できるのが「横山展望台」。ここには3つのテラスがあり、それぞれ違った絶景を楽しむことができます。また遊歩道も整備されているので、ハイキングにも最適。海と森の豊かな自然を一度に味わうことができるとても贅沢な場所です。

ともやま公園(5月頃) イメージともやま公園(5月頃) イメージ

そして「ともやま公園」も英虞湾のリアス海岸の様子を楽しめる名スポットです。横山展望台とは違い、英虞湾の絶景を間近で見られるので、波の音まで聞こえてきます。海の景色と波音に心癒やされることでしょう。
また、この時期に見頃を迎える植物もあちらこちらで見られ、自然に囲まれた英虞湾周辺ならではの光景です。
自然が創り出した絶景に、思わず声が出てしまう。ゴールデンウィークが過ぎたこの時期に、心が豊かに満ちるような旅にでかけてみませんか。

横山展望台(5月頃)イメージ横山展望台(5月頃)イメージ 写真提供:志摩市観光協会 ともやま公園(5月頃) イメージともやま公園(5月頃) イメージ

新鮮な空気、壮大な景色、移ろう自然。街中の喧騒から離れて、自然の雄大さを全身で受け止めながら、ゆっくりとした時間を過ごせる場所が、三重県志摩市にある英虞湾(あごわん)。日本有数の美しいリアス海岸を誇るこの英虞湾は、幾重にも連なる半島と大小60の島が浮かび、その絶景はまるで自分が自然と一体化したような気持ちにさせられます。比較的人の少ない早朝の英虞湾が特におすすめです。朝焼けに染まる海の上を行き交う漁船が、影絵のような世界を創り出し、幻想的な光景に言葉を失います。そんな美しい風景を一望できるのが「横山展望台」。ここには3つのテラスがあり、それぞれ違った絶景を楽しむことができます。また遊歩道も整備されているので、ハイキングにも最適。海と森の豊かな自然を一度に味わうことができるとても贅沢な場所です。そして「ともやま公園」も英虞湾のリアス海岸の様子を楽しめる名スポットです。横山展望台とは違い、英虞湾の絶景を間近で見られるので、波の音まで聞こえてきます。海の景色と波音に心癒やされることでしょう。
また、この時期に見頃を迎える植物もあちらこちらで見られ、自然に囲まれた英虞湾周辺ならではの光景です。
自然が創り出した絶景に、思わず声が出てしまう。ゴールデンウィークが過ぎたこの時期に、心が豊かに満ちるような旅にでかけてみませんか。

その他のおすすめ商品はこちら

ずらし旅

本サイトに掲載のイラスト・画像はすべてイメージです。

公開日:2021年4月8日

行き先から探す
特集から探す